インマルサット衛星(INMARSAT Satellite) 

インマルサット人工衛星局:(無線設備規則第14条第3項)  
 インマルサット衛星は、1976年に海上における全世界的な衛星通信サービスを提供する目的で、インマルサット条約によって設立されたIMO(International Maritime Satellite Organization:国際海事衛星機構)が運営した。その後、衛星通信サービスを航空機及び陸上移動体にも広げたことで、1994年にはIMSO(International Mobile Satellite Organization:国際移動通信衛星機構)と名称が変更され、更に1999年に運営の効率化を目的として事業部門が民営化(具体的には、インマルサット社)され、機構は、「会社」が引き続き海上に おける遭難及び安全に係る世界的な衛星通信業務(GMDSS)を提供すること等の基本原則に従うことを確保することを⽬的として引き続き事務を行うこととなり、2001年には、衛星システムを運⽤するインマルサット社と、これを監督する国際機関(IMSO)に分離され、IMSO条約はこの国際機関について定めた条約として発効している。
 インマルサット衛星通信サービスは、我が国では当初からKDDI株式会社が提供し、全世界をカバーする4つの静止衛星(太平洋、インド洋、大西洋東、大西洋西)を利用してLバンド(1.5/1.6GHz帯)により提供している。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新