ヘテロダイン周波数計 (Heterodyne Frequency Meter)

 電波の周波数を測る周波数計の一種で、ヘテロダイン検波を用いたものである。一般に、f1なる周波数とf2なる周波数の電波を混合して検波器等を通すと、f1 ± f2 なる周波数の出力が現れる。この場合f2を両者の差が可聴周波数となるように設定し、その後f2の値を変えてf1=f2の状態にすれば、聞こえていたビート音が消え(いわゆるゼロビートの状態になり)両者の周波数が等しくなったことが確認できる。従って、既知のf2により未知のf1の周波数を知ることができる。へテロダイン方式は、1901年にアメリカのR.A.フェッセンデンにより発明された。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新