側波帯(Side Band)

 通話又は情報を伝えるために搬送波を信号によって振幅変調すると、搬送周波数の上下に信号に応じた側波帯を生じ、搬送波周波数より上側の部分を上側波帯、下側の部分を下側波帯という。側波帯は、信号を伝えるために必要なものであって、搬送波は信号には関係がない。そこで送信側は片側の側波帯(通常上側波帯)のみを送り、受信側でこれに搬送波に相当するものを加えれば通信が可能となる。この方式を単一側波帯(SSB)通信方式という。上下の側波帯全体を送る方式を両側波帯(DSB)通信方式という。
⇒「SSB通信方式」参照

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新