免許の失効 (Loss of Validity of License)

一 免許の失効の原因
次の場合に該当するときは、無線局の免許はその効力を失う。
ア 無線局の廃止(電波法第22条電波法第27条の10第2項)
イ 有効期限の満了(電波法第13条)
ウ 外国で取得した船舶又は航空機の無線局が、特例によって免許が与えられた場合、その船舶又は航空機が日本国内の目的地へ到着したとき(電波法第27条)
エ 免許の取消し(電波法第75条電波法第76条第2項)
オ 免許人の不存在(法人の解散、免許人が死亡して相続されない場合)
カ 超短波放送局又はテレビジョン放送局の電波に重畳して行う多重放送無線局の場合、重畳される側の本体放送局の免許が効力を失ったとき(電波法第13条の2)
二 免許失効の場合の措置
無線局が上記によりその免許の効力を失ったときは、免許人であった者は、次の措置をとらなければならない。
ア 1か月以内に免許状を返納しなければならない(電波法第24条)。返納しない者には罰則がある(「30万円以下の過料」電波法第116条第3号)。
イ 遅滞なく空中線を撤去しなければならない(電波法第78条)。空中線の撤去しない者には罰則がある(「30万円以下の罰金」電波法第113条第18号)。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新