免許の拒否 (Denial of License)

総務大臣は、申請を審査した結果、審査事項に不適合なものがあると認めた場合は、免許を拒否し、申請者に対してその旨を理由を記載した文書をもって通知する(無線局免許手続規則第14条)。したがって、その場合は、申請の事実が初埋めるするので、無線局の開設を更に希望するならば、別に新しい申請書を提出しなければならない。
免許手続の段階における免許拒否には、次のような場合がある。
(1)免許申請を審査した結果、予備免許の付与の要件に適合しない場合(電波法第8条第1項)
(2)工事落成期限経過後2週間以内に工事落成届が提出されない場合(電波法第11条)
(3)落成後の検査において、不合格となった場合(電波法第12条)

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新