円偏波(Circularly Polarized Wave)

(無線設備規則第37条の27の17)
 電波の進行方向に対して直角な平面内において、電波の電界ベクトルの先端の描く軌跡が円のとき、その電波を円偏波という。電波の進行方向に向いて見たとき、その軌跡が右廻りならば右旋円偏波、左廻りならば左旋円偏波という。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新