卸電気通信役務 (Wholesale Telecommunications Services)

 「卸電気通信役務」とは、電気通信事業者電気通信事業の用に供する電気通信役務をいう。(電気通信事業法第29条第1項第10号)
 電気通信事業者は、一般利用者と同様、利用者としての立場で、他の電気通信事業者から電気通信役務の提供を受け、これを利用者に再販することができ(「卸役務」方式)、基礎的電気通信役務及び指定電気通信役務以外の電気通信役務については、契約約款等の作成・届出義務はなく、料金その他の提供条件を相対により定めて個別に契約を締結することも可能となっている(なお、指定電気通信役務についても、当該電気通信役務の提供の相手方と別段の合意がある場合には、当該電気通信役務を提供することが可能。)(電気通信事業法第20条第5項)。)
 電気通信事業者が、「卸役務」方式により役務を提供する場合にあっては、他の電気通信事業者電気通信設備を自らの電気通信事業の用に供させることとなるが、その部分についても、「業務区域」の変更手続(電気通信事業法第13条電気通信事業法第16条第3項)といった規律は適用される。ただし、当該電気通信設備(他の電気通信事業者電気通信設備)については、自ら設置する電気通信設備ではないので、「電気通信設備の概要」の変更手続(電気通信事業法第13条電気通信事業法第16条第3項)や、技術基準適合維持義務(電気通信事業法第41条第1項)の適用はない。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新