双方向無線電話 (Bidirectional Radiotelephony)

「双方向無線電話」とは、船舶局無線電話であって、船舶が遭難した場合に当該船舶若しくは他の船舶(救命いかだを誘導し、又はえい航する艇を含む。)と生存艇(救命艇及び救命いかだをいう。以下同じ。)若しくは救助艇(船舶救命設備規則 (昭和40年運輸省令第36号)第2条第1号 の2の一般救助艇及び高速救助艇をいう。以下同じ。)との間、生存艇と救助艇との間、生存艇相互間又は救助艇相互間で人命の救助に係る双方向の通信を行うため使用するものをいう。(電波法施行規則第2条第37号の2)

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新