受信機入力電圧(Open-Circuit Signal Source Voltage at Receiver Input)

「受信機の入力端子における信号源の開放電圧をいう。」(電波法施行規則第2条第1項第91号)
文字どおり解釈すれば受信機の入力電圧のことであるが、法令上は「受信機の入力端子における信号源の開放電圧」と定義されており、やや限定的になる。受信機の感度は、規定の状態で規定の出力を得るために必要な「受信機入力電圧」で定義される。これはあくまで開放電圧であるから、信号源と受信機入力端との整合のために挿入する擬似アンテナ(Dummy Antenna)や整合回路によって差異が生じる。AGC特性、定格出力、総合ひずみ及び雑音、雑音レベル等の規定にこの物理量が用いられる。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新