可変長符号化方式(Variable Length Coding System) 

 統計的に発生頻度の高い符号は、短いビット列で表現し、発生頻度の低い符号は、長いビット列で表現することにより伝送するビット数を減らす方式をいう。
標準テレビジョン放送等のうちデジタル放送に関する送信の標準方式第2条第6号)

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新