国家戦略特別区域法第二十五条の二の総務省令で定める技術

 国家戦略特別区域法(平成25年法律第107号) の規定に基づく国家戦略特別区域における産業の国際競争力の強化及び国際的な経済活動の拠点の形成に関する目標の達成のため、高度な産業技術の有効性の実証に必要なものとして内閣府令(国家戦略特別区域法施行規則(平成26年内閣府令第20号))で定める「技術実証区域計画」について、内閣総理大臣の認定を受けた実証事業者に対しては、無線局免許手続き上の特例措置が認められている。
 現在、この特例措置の対象となっているのは、「特殊仕様自動車等応用関係電波技術」及び「無人航空機応用関係電波技術」である。
国家戦略特別区域法総務省関係国家戦略特別区域法施行規則第1条総務省関係国家戦略特別区域法施行規則第2条

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新