土地等の一時使用権 (Temporary Use of the Land. Etc.)

 認定電気通信事業者は、同事業の実施に関し、次に掲げる目的のため他人の土地等を利用することが必要で有って、やむを得ないときは、その土地等の利用を著しく妨げない限度において、一時これを使用することができる。ただし、建物その他の工作物にあっては、線路を支持するために利用する場合に限る。
 一 線路に関する工事の施行のため必要な資材及び車両の置場並びに土石の捨場の設置
 二 天災、事変その他の非常事態が発生した場合、その他特にやむ得ない事由がある場合における重要な通信を確保するための線路その他の電気通信設備の設置
 三 測標の設置
 他人の土地等の一時使用権の行使に当たっては、電気通信事業法第133条第2項(総務大臣の許可)、第3項(占有者への通知)、第4項(居住者の承諾)、第5項(一時使用期間6ヶ月の制限)、及び第6項(許可証等の携帯等)の規定が設けられている。(電気通信事業法第133条)

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新