基準不適合設備 (Non-Conforming Equipment)

  1.  基準不適合設備とは、無線局の運用を著しく阻害する混信その他の妨害を与え若しくはそのおそれがある次の各号に掲げる場合において、これらと同一又は類似の設計であつて第3章に定める技術基準に適合しない無線設備をいう。(電波法第102条の11第2項)
     一 無線局が他の無線局の運用を著しく阻害する混信・妨害を与えた場合において、その妨害が第三章に定める技術基準に適合しない設計に基づき製造・改造された無線設備を使用したことにより生じたと認める無線設備に係る設計
     二 無線設備が第三章に定める技術基準に適合しない設計に基づき製造・改造された無線設備を使用する無線局が開設されたら、他の無線局の運用を著しく阻害する混信・妨害を与えるおそれがあると認める無線設備に係る設計
  2.  総務大臣による基準不適合設備の製造・輸入・販売業者に対する措置は次のとおり。
    1.  基準不適合設備を使用する無線局が他の無線局の運用に重大な悪影響を与えるおそれがあると認められるときは、無線通信の秩序の維持に必要な限度において、当該基準不適合設備の製造・輸入・販売業者に対し、その事態を除去すべきことを勧告する。
    2.  前号の勧告に従わないときは、その旨を公表する。
    3.  第1号による勧告を受けた製造・輸入・販売業者が、前号の勧告に従わなかつた旨を公表された後において、なお、正当な理由がなくてその勧告措置を講じなかつた場合に、その運用に重大な悪影響を与えられる無線局が重要無線通信その他総務省令で定めるもの(適正な運用の確保が必要な無線局(電波法施行規則第51条の2))であるときは、無輸入・販売業者に対し、その勧告に係る措置を講ずべきことを命ずることができる。
  3.  この規制の対象は、不法に電波を利用したものに対するものでなく、いわばその原因を作ったと認めるものに対する措置である。
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新