小電力無線局 (Low Power Radio Station)

 小電力無線局は、電波法第4条第3項に規定されている、免許を要しない無線局の一つである。
 近年、ライフスタイルやビジネスシーンが多様化し、特に、工場、ビル内あるいは一般社会・家庭等において比較的狭い範囲内をサービスエリアとする無線通信に対する需要が増加してきている。
 これまでは、免許を要しない著しく微弱な電波を利用した微弱無線局が使用されてきたが、雑音に弱く、極めて短い距離でしか使用できないことから、近距離間での簡易連絡が可能な「小電力無線局(総称)」(一定の技術基準に適合し、空中線電力が1W以下の無線局)として制度化されている。
 これらの小電力無線局は、技術基準適合証明等を受けた適合表示無線設備でなければならないが、無線局免許や無線従事者資格が不要であることから、広く一般に利用されている。
小電力無線局の種類は、電波法施行規則第6条第4項の各号に規定されている。
コードレス電話無線局」(第1号)
特定小電力無線局」(第2号)(用途等はH元.1.27郵政省告示第42号に規定)
医療用テレメーター、無線呼出、ラジオマイク、移動体識別、ミリ波レーダーなど
小電力セキュリティシステムの無線局」(第3号)
・屋内・屋外の防犯、火災・ガス漏れの検知・通報など
小電力データ通信システムの無線局」(第4号)
・無線LAN、2.4GHz帯コードレス電話、模型飛行機の無線操縦、Bluetoothなど
「デジタルコードレス電話無線局」(第5号)
「PHSの陸上移動局」(第6号)
狭域通信システムの陸上移動局」(第7号)
「5GHz帯無線アクセスシステムの陸上移動局」(第8号)
「超広帯域無線システムの無線局」(第9号)
「700MHz帯高度道路交通システムの陸上移動局」(第10号)

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新