工事担任者 (Installation Technicians) †

 「電気通信事業法上の用語。工事担任者資格者証の交付を受けているものをいう。」(電気通信事業法第71条第1項)工事担任者資格者証
 電気通信事業法で定められた資格。
 利用者は、端末設備又は自営通信設備を接続しようとするときは、工事担任者工事担任者資格者証の交付を受けているものをいう。)に、資格者証の種類に応じ、これに係る工事を行わせ、または実地に監督させなければならない、と定めている。
 これは、端末設備自身が技術基準に適合していても、接続の工事が適切でないと結果的には技術基準に適合しなくなるため、利用者が端末設備等を接続する場合は、接続に関して必要な知識及び技能を有する工事担任者にその工事を行わせることとしているものである。
 資格者証の種類及び工事の範囲は、工事担任者規則で定めており、次のとおりである。

  1.  第一級アナログ通信:アナログ種の最上位の資格であり、アナログ伝送路設備に端末設備等を接続するための工事及び総合デジタル通信用設備に端末設備等を接続するすべての工事を行うことができる。
  2.  第二級アナログ通信:アナログ伝送路設備及び総合デジタル通信用設備に端末設備等を接続するための工事であって、端末設備等に収容される電気通信回線の数が1のものを取り扱うことができる。
  3.  第一級デジタル通信:デジタル伝送路設備に端末設備等を接続するためのすべての工事を行うことができる。ただし、総合デジタル通信用設備に端末設備等を接続するための工事を除く。
  4.  第二級デジタル通信:デジタル伝送路設備に端末設備等を接続するための工事(接続点におけるデジタル信号の入出力速度が毎秒1Gbps以下であつて、主としてインターネットに接続するための回線に係るもの)。ただし、総合デジタル通信用設備に端末設備等を接続するための工事を除く。
  5.  総合通信:アナログ伝送路設備又はデジタル伝送路設備に端末設備等を接続するためのすべての工事を行うことができる。
    電気通信事業法第72条工事担任者規則第4条
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新