工事設計認証制度 (Certification System of Constraction Type) †

工事設計認証制度は、登録機関が、申請により、特定無線設備を、電波法に定める技術基準に適合するものとして、その工事設計(設備がその工事設計に合致することの確認の方法を含む。)について認証する制度である。即ち、携帯無線通信等の大量生産される特定無線設備について、その工事設計の技術基準への適合性を審査し、認証することにより、認証に係る工事設計に基づく特定無線設備のすべてを技術基準適合証明を受けた設備とみなすものである。(電波法第38条の24第1項)

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新