承継 (Succession)

  1.  相続
     電波法では、免許人について相続があったときは、その相続人は免許人の地位を承継する(電波法第20条第1項)。
    この場合は、当然承継といって、相続の事実が発生すると自動的に免許の地位も承継されることになっている。その場合、免許人の地位を承継した者は、遅滞なく、別に定める事項(無線局免許手続規則第20条の2)を記載した届書に、承継の事実を証明する書面を添えて、総務大臣又は総合通信局長に届け出なければならない(電波法第20条第7項)。なお、届出義務けたい(懈怠)に対しては罰則が設けられている(「30万円以下の過料」電波法第116条第1号)。
    相続人が2人以上である場合は、民法の規定によって共同相続となるが、その場合は、無線局の免許も共同免許となる。しかし、電波法では、協議により免許人の地位を承継すべき相続人を定める場合を想定して、相続人を単一化した場合は、他の相続人がこれに同意した事実を証する書面を添付して届け出ることになっている(無線局免許手続規則第20条の2
  2.  予備免許承継
     電波法は、予備免許を受けた者について相続が行われたとき等において、予備免許を受けた者の地位を他の者が承継する場合の規定(届出によるもの又は許可を受けることを要するもの)を設けているが、この規定は、免許を受けている無線局の免許人の地位の承継に関する規定をそっくり準用することになっている(電波法第20条第8項)。なお、準用するに当たっては、その項で免許とあるのは予備免許免許人とあるのは予備免許を受けた者と読み替える。
    電気通信事業法では、認定電気通信事業者が死亡した場合は、その相続人が地位を承継するとされている。(電気通信事業法第123条)
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新