接続約款(Interconnection Tariffs)

 第一種指定電気通信設備を設置する電気通信事業者は、当該第一種指定電気通信設備と他の電気通信事業者電気通信設備との接続に関し、接続料及び接続条件について接続約款を定め、総務大臣の認可を受けなければならないこととなっている。これを変更しようとするときも、同様である。(電気通信事業法第33条第2項)

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新