擬似空中線回路 (Dummy Antenna Circuit)

 実際のアンテナと等価の抵抗、インダクタンス及び容量を有する回路で、供給エネルギーを電波としてふく射せずに回路内で熱として消費するものである。実際のアンテナを使用しないで、電波を外部に出さず、他に混信妨害を与えずに試験を行うために使用する。小型のものは自然空冷であるが、大型のものになると強制空冷又は水冷式にして回路内の損失熱を取り去り、擬似空中線(Dummy Antenna)の焼損を防止するとともに回路定数を正しく保つようにしてある。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新