放送法第144条

裁定
第百四十四条  第百四十二条第一項の一般放送事業者が、[地上基幹放送]]の業務を行う基幹放送事業者に対し、その[地上基幹放送]]を受信してする再放送に係る同意について協議を申し入れたにもかかわらず、当該基幹放送事業者が協議に応じず、又は協議が調わないときは、当該一般放送事業者は、総務大臣の裁定を申請することができる。ただし、当事者が同条第三項の規定による仲裁の申請をした後は、この限りでない。
2  総務大臣は、前項の規定による裁定の申請があつたときは、その旨を当該申請に係る基幹放送事業者に通知し、相当の期間を指定して、意見書を提出する機会を与えなければならない。
3  総務大臣は、前項の基幹放送事業者がその[地上基幹放送]]の再放送に係る同意をしないことにつき正当な理由がある場合を除き、当該同意をすべき旨の裁定をするものとする。
4  同意をすべき旨の裁定においては、第一項の申請をした者が再放送をすることができる[地上基幹放送]]、その者が再放送の業務を行うことができる区域及び当該再放送の実施の方法を定めなければならない。
5  総務大臣は、第一項の裁定をしようとするときは、紛争処理委員会に諮問しなければならない。
6  総務大臣は、第一項の裁定をしたときは、遅滞なく、その旨を当事者に通知しなければならない。
7  第四項の裁定が前項の規定により当事者に通知されたときは、当該裁定の定めるところにより、当事者間に協議が調つたものとみなす。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新