旧公衆法(Former Public Telecommunication Law)

「公衆電気通信法」(法律第96号(昭和28年7月31日))のことで、国内の電気通信業務は日本電信電話公社が、また、国外との電気通信業務は国際電信電話株式会社が独占していたが、昭和60年(1985年)の電気通信業務の自由化により「電気通信事業法」(法律第86号(昭和59年12月25日))が制定されたことにより廃止された。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新