有害な混信 (Harmful Interference)

 国際電気通信連合憲章、同連合条約及び無線通信規則において用いられている語で、同憲章において「すべての局は、その目的のいかんを問わず、他の連合員、認められた事業体その他正当に許可を得て、かつ、無線通信規則に従って無線通信業務を行う事業体の無線通信又は無線業務に有害な混信を生じさせないように設置し及び運用しなければならない。」と定義されている。
 なお、電波法令においては「有害な」という形容詞がない「混信」という語が使用され、「他の無線局の正常な業務の運用を妨害する電波の発射、ふく射又は誘導をいう。」と定義されている。(電波法施行規則第2条第1項第64号)

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新