有線電気通信設備令施行規則第4条

(架空電線の支持物と架空強電流電線との間の離隔距離
 第四条  令第五条第二号に規定する総務省令で定める値は、次の各号の場合において、それぞれ当該各号のとおりとする。
一  架空強電流電線の使用高圧低圧又は高圧であるときは、次の表の上欄に掲げる架空強電流電線の使用電圧及び種別に従い、それぞれ同表の下欄に掲げる値以上とすること。

架空強電流電線の使用電圧及び種別離隔距離
低圧三〇センチメートル
高圧強電流ケーブル三〇センチメートル
その他の強電流電線六〇センチメートル

二  架空強電流電線の使用電圧が特別高圧であるときは、次の表の上欄に掲げる架空強電流電線の使用電圧及び種別に従い、それぞれ同表の下欄に掲げる値以上とすること。

架空強電流電線の使用電圧及び種別離隔距離
三五、〇〇〇ボルト以下のもの強電流ケーブル五〇センチメートル
特別高圧強電流絶縁電線一メートル
その他の強電流電線二メートル
三五、〇〇〇ボルトを超え六〇、〇〇〇ボルト以下のもの二メートル
六〇、〇〇〇ボルトを超えるもの二メートルに使用電圧が六〇、〇〇〇ボルトを超える一〇、〇〇〇ボルト又はその端数ごとに一二センチメートルを加えた値
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新