標準テレビジョン放送等のうちデジタル放送に関する送信の標準方式第2条

(定義)
第二条  この省令において使用する用語は、法、電波法 (昭和二十五年法律第百三十一号)及び電波法施行規則 (昭和二十五年電波監理委員会規則第十四号)において使用する用語の例によるほか、次の定義に従うものとする。
一  「データ信号」とは、標準テレビジョン放送高精細度テレビジョン放送超高精細度テレビジョン放送超短波放送及びデータ放送により送信される二値のデジタル情報であって、映像信号及び音声信号に該当しないものをいう。
二  「メタデータ信号」とは、映像信号音声信号又はデータ信号受信設備により蓄積、復元、変換その他の制御を経て影像又は音声その他の音響として視聴させるために必要な放送番組の内容又は配列に係る情報をいう。
三  「パケット」とは、符号化信号の伝送のための符号系列及びその種類の識別のための符号系列の組をいう。
四  「動き補償予測符号化方式」とは、映像信号の前後のフレーム又はフィールドからの動き量を検出し、動き量に応じて補正したフレーム又はフィールド信号と原信号との差分信号と動き量のみを送信することにより伝送する情報量を減らす方式をいう。
五  「離散コサイン変換方式」とは、原画像を八画素四方の単位で空間周波数成分に変換し、その周波数成分を視覚特性を反映して量子化することにより情報量を減らす方式をいう。
六  「可変長符号化方式」とは、統計的に発生頻度の高い符号は、短いビット列で表現し、発生頻度の低い符号は、長いビット列で表現することにより伝送するビット数を減らす方式をいう。
七  「時間周波数変換符号化方式」とは、入力信号を変形離散コサイン変換によって周波数成分に変換し、各周波数成分のエネルギー偏差の減少を利用して情報量の削減を行う方式をいう。
八  「聴覚心理重み付けビット割当方式」とは、人間に知覚されやすい帯域の信号劣化が最小となるよう符号割当ての重み付けを行う方式をいう。
九  「ステレオホニック信号」とは、音響に立体感を与えるために、二以上の音声信号を組み合わせた信号をいう。
十  「スクランブル」とは、国内受信者が設置する受信装置によらなければ受信することができないようにするため又は放送番組に関する権利を保護する受信装置によらなければ受信することができないようにするために、信号波を電気的にかくはんすることをいう。
十一  「シンボル」とは、デジタル信号により一の変調が行われた信号をいう。
十二  「伝送主シンボル」とは、伝送主信号から生成されるシンボルをいう。
十三  「SP信号」とは、同期変調による伝送主シンボルのための復調基準信号をいう。
十四  「SPシンボル」とは、電力拡散信号を加算したSP信号から生成されるシンボルをいう。
十五  「CP信号」とは、SP信号を補うための復調基準信号をいう。
十六  「CPシンボル」とは、電力拡散信号を加算したCP信号から生成されるシンボルをいう。
十七  「AC信号」とは、放送に関する付加情報信号をいう。
十八  「ACシンボル」とは、AC信号から生成されるシンボルをいう。
十九  「キャリア変調マッピング」とは、一定の手順に従って二値のデジタル情報をシンボルに変換することをいう。
二十  「TMCC情報」とは、変調波の伝送制御に関する信号をいう。
二十一  「輝度信号」とは、被写体の輝度を表す信号をいう。
二十二  「色差信号」とは、被写体の色相及び彩度を表す信号をいう。
二十三  「符号分割多重」とは、異なる拡散符号を加算して変調された同じ周波数の搬送波を重畳することをいう。
二十四  「パイロット情報」とは、符号分割多重に係る伝送制御等に関する情報をいう。
二十五  「パイロット信号」とは、同期信号、フレーム同期信号、スーパーフレーム同期信号及びパイロット情報に誤り訂正外符号を付加した信号から成る四〇八バイトの信号を単位として生成される信号をいう。
二十六  「帯域分割符号化方式」とは、入力信号を三十二の帯域に等分割し、各帯域のエネルギー偏差の減少を利用して情報量の削減を行う方式をいう。
二十七  「ベースバンドヘッダ情報」とは、入力信号形式等に関する情報をいう。
二十八  「フィジカルレイヤヘッダ情報」とは、変調方式等に関する情報をいう。
二十九  「画面内予測符号化方式」とは、原信号の符号化対象画素とその近傍画素との差分値を符号化することにより伝送する情報量を減らす方式をいう。
三十  「整数変換方式」とは、原画像を四画素四方、八画素四方、十六画素四方又は三十二画素四方の単位で整数精度の直交変換により空間周波数成分に変換し、その周波数成分を視覚特性を反映して量子化することにより情報量を減らす方式をいう。
三十一  「エントロピー符号化方式」とは、符号の出現確率をもとに、異なるビット列で表現することにより伝送するビット数を減らす方式をいう。
三十二  「信号点配置情報」とは、伝送に関する変調信号の位相及び振幅についての情報をいう。
三十三  「画素適応オフセットフィルタ方式」とは、デブロッキングフィルタ後の画素値に応じてオフセットを加算することにより画質を向上させる方式をいう。
三十四  「線形予測符号化方式」とは、過去の入力信号の線形結合を用いて現在の入力信号を予測し、入力値と予測値の残差と、線形結合の重み係数を符号化することで、伝送する情報量を減らす方式をいう。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新