標準テレビジョン放送等のうちデジタル放送に関する送信の標準方式第7条

音声信号
第七条  音声信号のうちPESパケットによるものの標本化周波数は、三二kHz、四四・一kHz又は四八kHzとする。

2  PESパケットによる音声信号のうちステレオホニック信号を構成する場合にあっては、各音声信号の標本化の時刻は、同一時刻であることとする。

3  音声信号のうちPESパケットによるものの入力量子化ビット数は、十六ビット以上とする。

4  音声信号のうちPESパケットによるものの最大入力音声チャンネル数は、五チャンネル及び低域を強調する一チャンネルとする。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新