無線呼出し (Radio Paging)

無線呼出しサービスは、外出者との通信連絡を可能にするため、いわば、動く電話のベルとしての役割を果たすものである。(電波法施行規則第3条第1項第8号の3)
 外出者に小型無線受信機を携行させ、その者に連絡をとる必要が生じた場合、受信機の呼出番号を電話でダイヤルすれば、自動的に基地局から電波が送られ受信機のブザーが鳴る。これで、外出者は用件が発生したことを知り、最寄りの電話から予め定めておいたところへ電話すれば連絡が可能となるものである。
 現在では呼出音の他に数字、文字等のメッセージ表示機能、メッセージのメモリ機能を持ち、複数の呼出しエリアを指定できるなどサービスが高度化しており、2000年頃まで主要都市でこのサービスが行われていた。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新