無線局運用規則第126条

(自動機通信における連絡維持の方法)
第百二十六条 自動機による通信において連絡を維持するため必要があるときは、左の事項を繰り返し送信することができる。
一 V又はE 適宜の回数
二 DE 一回
三 自局の呼出符号 三回以下
2 前項の場合においては、自局の呼出符号に引き続き必要と認める略符号を送信することができる。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新