無線局運用規則第14条

第十四条 無線電話による通信(以下「無線電話通信」という。)の業務用語には、別表第四号に定める略語を使用するものとする。
2 無線電話通信においては、前項の略語と同意義の他の語辞を使用してはならない。ただし、別表第二号に定める略符号(「QRT」、「QUM」、「QUZ」、「 イメージ 」、「 イメージ 」、「TTT」及び「XXX」を除く。)の使用を妨げない。
3 海上移動業務又は航空移動業務の無線電話通信において固有の名称、略符号、数字、つづりの複雑な語辞等を一字ずつ区切つて送信する場合及び航空移動業務の航空交通管制に関する無線電話通信において数字を送信する場合は、別表第五号に定める通話表を使用しなければならない。
4 海上移動業務及び航空移動業務以外の業務の無線電話通信においても、語辞を一字ずつ区切つて送信する場合は、なるべく前項の通話表を使用するものとする。
5 海上移動業務及び海上移動衛星業務無線電話による国際通信においては、なるべく国際海事機関が定める標準海事航海用語を使用するものとする。
6 航空移動業務及び航空移動衛星業務無線電話による国際通信においては、なるべく国際民間航空機関が定める略語及び符号を使用するものとする。
(昭三八郵令二八・全改、昭四四郵令八・昭五〇郵令二一・平二郵令四九・平一〇郵令一〇八・平一一郵令四〇・一部改正)

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新