無線航行業務(Radionavigation Service)

無線航行のための無線測位業務をいう。」(電波法施行規則第3条1項第10号)
 航行中の船舶又は航空機の位置又は方向の決定及び障害物の探知の業務であり、無線標識業務もこれに含まれる。船舶のためのものを海上無線航行業務、航空機のためのものを航空無線航行業務という。レーダ、デッカ、ロラン、無線標識局のほか、航空無線航行業務ではVOR、DME、TACAN、ILSなどが使用されている。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新