無線設備規則第33条の8

(左右分離度)
第三十三条の八 中波放送を行う地上基幹放送局の送信装置左右分離度(送信装置左側信号又は右側信号の入力端子のうちいずれか一に加えた信号が、当該装置の出力端子において、その一の入力端子に加えた当該信号として現れる出力と他の入力端子に加えた信号のように現れる出力との比をいう。以下同じ。)は、左側信号又は右側信号により四〇パーセントの振幅変調をした場合において、それぞれ、二〇〇ヘルツから五、〇〇〇ヘルツまでの間のいずれの変調周波数においても二〇デシベル以上となるものでなければならない。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新