特定電子メール法第6条

架空電子メールアドレスによる送信の禁止)
第六条  送信者は、自己又は他人の営業のために多数の電子メールの送信をする目的で、架空電子メールアドレスをそのあて先とする電子メールの送信をしてはならない。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新