特定電気通信役務の料金 (Charge of Specified Telecommunications Service)

「特定電気通信役務の料金」は、総務省令(電気通信事業法施行規則第19条の3)で定める特定電気通信役務の種別ごとに、能率的な経営の下における適正な原価及び物価その他の経済事情を考慮して、通常実現することができると認められる水準の料金を料金指数(電気通信役務の種別ごとに、料金の水準を表す数値として、通信の距離及び速度その他の区分ごとの料金額並びにそれらが適用される通信量、回線数等を基に総務省令(電気通信事業法施行規則第19条の6)で定める方法により算出される数値をいう。)により定め、その料金指数を、その適用の日の総務省令(電気通信事業法施行規則第19条の7)で定める日数(90日)前までに、当該特定電気通信役務を提供する電気通信事業者に通知しなければならないこととされている。
(電気通信事業法第21条)

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新