空中線電力(Antenna Power)

・「せん頭電力、平均電力搬送波電力又は規格電力をいう。」(電波法施行規則第2条第1項第68号)
放送局及び無線標識局に対しては、送信に使用しなければならない単一(テレビジョン放送については映像、音声ごとに)の値を、その他の無線局に対しては、送信に使用できる最大の値を空中線電力として指定している。 無線設備において、電波法上からも無線局の空中線電力の指定は重要な要素である。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新