端末設備等規則第13条

直流回路の電気的条件等)
第十三条  直流回路を閉じているときのアナログ電話端末直流回路の電気的条件は、次のとおりでなければならない。
一  直流回路の直流抵抗値は、二〇ミリアンペア以上一二〇ミリアンペア以下の電流で測定した値で五〇オーム以上三〇〇オーム以下であること。ただし、直流回路の直流抵抗値と電気通信事業者の交換設備からアナログ電話端末までの線路の直流抵抗値の和が五〇オーム以上一、七〇〇オーム以下の場合にあつては、この限りでない。
二  ダイヤルパルスによる選択信号送出時における直流回路の静電容量は、三マイクロフアラド以下であること。

2  直流回路を開いているときのアナログ電話端末直流回路の電気的条件は、次のとおりでなければならない。
一  直流回路の直流抵抗値は、一メガオーム以上であること。
二  直流回路と大地の間の絶縁抵抗は、直流二〇〇ボルト以上の一の電圧で測定した値で一メガオーム以上であること。
三  呼出信号受信時における直流回路の静電容量は、三マイクロフアラド以下であり、インピーダンスは、七五ボルト、一六ヘルツの交流に対して二キロオーム以上であること。

3  アナログ電話端末は、電気通信回線に対して直流の電圧を加えるものであつてはならない。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新