行政財産等(Administrative properties, etc).

 「行政財産」とは、国有財産法(昭和23年法律第73号)第3条第2項及び地方自治法(昭和22年法律第67号)第238条第3項に規定する行政財産をいう。
具体的には、国有財産法では、①公用財産(国において国の事務、事業又はその職員(国家公務員宿舎法 (昭和24年法律第117号)第2条第2号の職員をいう。)の住居の用に供し、又は供するものと決定したもの)、②公共用財産(国において直接公共の用に供し、又は供するものと決定したもの)、③皇室用財産(国において皇室の用に供し、又は供するものと決定したもの)、④森林経営用財産(国において森林経営の用に供し、又は供するものと決定したもの) と規定されている。
また、地方自治法では、普通地方公共団体において公用又は公共用に供し、又は供することと決定した財産をいうと規定されている。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新