衛星一般放送に関する送信の標準方式第4条

(許容偏差等)
第四条  前条第一号の送信の方式のうち、狭帯域伝送方式による衛星一般放送設備は、次の各号のいずれにも適合するものでなければならない。
一  水平同期信号及び垂直同期信号の波形の許容範囲は、別図第一に示すところによること。
二  水平走査の繰返し周波数及び標本化周波数の許容偏差は、別図第二に示すところによること。
三  搬送波変調する信号の伝送速度は、デジタル放送の標準方式第七十条第二項 に規定する値から、(±)百万分の二十を超える偏差を生じないこと。
四  搬送波の変調波スペクトルの許容範囲は、別図第三に示すところによること。
五  アパーチャ補正は、別図第四に示すものであること。

2  前条第二号の送信の方式のうち、広帯域伝送方式による衛星一般放送設備は、次の各号のいずれにも適合するものでなければならない。
一  水平同期信号及び垂直同期信号の波形の許容範囲は、別図第一に示すところによること。
二  水平走査の繰返し周波数及び標本化周波数の許容偏差は、別図第二に示すところによること。
三  搬送波変調する信号の通信速度は、デジタル放送の標準方式第五十二条第三項 に規定する値から、(±)百万分の二十を超える偏差を生じないこと。
四  搬送波の変調波スペクトルの許容範囲は、別図第三に示すところによること。
五  アパーチャ補正は、別図第五に示すものであること。

3  前条第一号の送信の方式のうち、高度狭帯域伝送方式による衛星一般放送設備は、次の各号のいずれにも適合するものでなければならない。
一  水平同期信号及び垂直同期信号の波形の許容範囲は、別図第一に示すところによること。
二  水平走査の繰返し周波数及び標本化周波数の許容偏差は、別図第二に示すところによること。
三  搬送波変調する信号の伝送速度は、デジタル放送の標準方式第七十九条第二項 に規定する値から、(±)百万分の二十を超える偏差を生じないこと。
四  搬送波の変調波スペクトルの許容範囲は、別図第六に示すところによること。
五  アパーチャ補正は、別図第七に示すものであること。

4  前条第二号の送信の方式のうち、高度広帯域伝送方式による衛星一般放送設備は、次の各号のいずれにも適合するものでなければならない。
一  水平同期信号及び垂直同期信号の波形の許容範囲は、別図第一に示すところによること。
二  水平走査の繰返し周波数及び標本化周波数の許容偏差は、別図第二に示すところによること。
三  搬送波変調する信号の通信速度は、デジタル放送の標準方式第五十九条第三項 に規定する値から(±)百万分の二十を超える偏差を生じないこと。
四  搬送波の変調波スペクトルの許容範囲は、別図第八に示すところによること。
五  アパーチャ補正は、別図第九に示すものであること。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新