表示義務 (Obligation of Labeling)

「表示義務」については、特定電子メール法第4条に以下のように規定されている。
「送信者は、特定電子メールの送信に当たっては、総務省令・内閣府令で定めるところにより、その受信をする者が使用する通信端末機器の映像面に次に掲げる事項(特定電子メール法第3条第3項ただし書の総務省令・内閣府令で定める場合においては、第2号に掲げる事項を除く。)が正しく表示されるようにしなければならない。
一 当該送信者(当該電子メールの送信につき送信委託者がいる場合は、当該送信者又は当該送信委託者のうち当該送信に責任を有する者)の氏名又は名称
二 特定電子メール法第3条第3項本文の通知を受けるための電子メールアドレス又は電気通信設備を識別するための文字、番号、記号その他の符号であって総務省令・内閣府令で定めるもの
三 その他総務省令・内閣府令で定める事項」(特定電子メール法第4条)

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新