複信方式 (Duplex System)

 相対する方向で送信が同時に行われる通信方式をいう。すなわち、電話回線を例にとれば、相手方の通話内容を聞きながら、こちらからも話ができるもので、電気通信業務用無線回線及び公共業務又は公益性の高い業務用で、かつ、その必要がみとめられる無線回線に採用されている。(電波法施行規則第2条第1項第18号)

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新