電気通信事業法施行規則第12条

(事業の休止及び廃止並びに法人の解散の届出)

第十二条  法第十八条第一項 の規定による電気通信事業の全部の休止又は廃止の届出をしようとする者は、様式第十二の届出書を提出しなければならない。

2  前項の規定にかかわらず、認定電気通信事業者が法第十八条第一項 の規定による電気通信事業の全部の休止又は廃止の届出をしようとするときは、様式第十二の二の届出書を提出しなければならない。

3  認定電気通信事業者が前項の規定による電気通信事業の全部の廃止の届出書を提出するときは、併せて全部認定証又は一部認定証を総務大臣に返納しなければならない。

4  法第十八条第一項 の規定による電気通信事業の一部の休止又は廃止の届出をしようとする者は、様式第十二の三の届出書に、様式第三のネットワーク構成図(記載事項に変更がある場合に限る。)を添えて提出しなければならない。

5  前項の規定にかかわらず、認定電気通信事業者が法第十八条第一項 の規定による電気通信事業の一部の休止又は廃止の届出をしようとするときは、次の各号に掲げる場合に応じて当該各号に定める書類に、様式第三によるネットワーク構成図(記載事項に変更がある場合に限る。)を添えて提出しなければならない。
一  当該認定電気通信事業者が全部認定事業者である場合は、様式第十二の四の届出書

二  当該認定電気通信事業者が一部認定事業者である場合は、様式第十二の四の届出書及び第四十条の十四第一項第二号ニに掲げる書類

6  一部認定事業者が前項の規定による電気通信事業の一部の廃止の届出書を提出しようとする場合であつて、当該認定に係る電気通信事業が廃止されることとなるときは、当該認定電気通信事業者は、一部認定証を総務大臣に返納しなければならない。

7  法第十八条第二項 の規定による届出をしようとする者は、様式第十二の五の届出書を提出しなければならない。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新