電気通信事業法第49条

(電気通信主任技術者等の義務)
第四十九条  電気通信主任技術者は、事業用電気通信設備の工事、維持及び運用に関する事項の監督の職務を誠実に行わなければならない。

2  電気通信事業者は、電気通信主任技術者に対し、その職務の執行に必要な権限を与えなければならない。

3  電気通信事業者は、電気通信主任技術者のその職務を行う事業場における事業用電気通信設備の工事、維持又は運用に関する助言を尊重しなければならず、事業用電気通信設備の工事、維持又は運用に従事する者は、電気通信主任技術者がその職務を行うため必要であると認めてする指示に従わなければならない。

4  電気通信事業者は、総務省令で定める期間ごとに、電気通信主任技術者に、第八十五条の二第一項の規定により登録を受けた者(以下「登録講習機関」という。)が行う事業用電気通信設備の工事、維持及び運用に関する事項の監督に関する講習(第六節第二款、第百七十四条第一項及び別表第一において「講習」という。)を受けさせなければならない。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新