電波天文業務 (Radio Astronomy Service)

 電波天文業務とは、宇宙から発する電波の受信を基礎とする天文学のための無線通信をいう。電波天文業務は、①自然現象である太陽電波を受信して、太陽の温度や黒点の状況の調査をすること、②宇宙において電波を発する天体、すなわち「電波星」の位置及び性質を研究すること、③月などの比較的地球に近い天体を地上から発した電波によって探査することなど電波を利用して天体の研究調査を行う業務である。
 この業務のための受信設備は、電波法の定義上無線局に入らないが、有害な混信から守るため、1963年の国際電気通信連合条約附属無線通信規則の改正に対応して混信妨害からの保護の対象とされたものである。 

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新