電波時計 (Radio Clock)

 通常の時計としての機能の他に、標準電波を受信することによって時刻を自動修正する機能を持った時計。数十万年間でも1秒以下の誤差という高い精度と、人手による時刻合わせが不要などの手軽さ、ユニットの小型軽量化による価格の低下が受けて、時計生産販売の主流となりつつある。ただし、電波が遮蔽される場所や、電磁雑音(ノイズ)を発生する機器類周辺では使用できないこともある。平成11年6月福島県の「おおたかどや山標準電波送信所」が40kHzの長波帯電波により東日本全域を履域(サービスエリア)として運用を開始、平成13年10月佐賀県と福岡県の県境にある「はがね山標準電波送信所」が、60kHzの周波数により、西日本全域を覆域(サービスエリア)として運用を開始しほぼ日本全域がカバーされた。これら標準電波局はJJYのコールサインをもち、国立研究開発法人情報通信研究機構により運用されている。
[関連する用語]
・標準電波
 標準電波は、これまで主として短波帯の電波を用いて送信されてきた。しかし、伝搬特性上の問題、近隣諸外国の標準電波との混信などの問題が顕著となり、通信総合研究所(CRL)(現在は国立研究開発法人情報通信研究機構に改組)では短波帯の標準電波送信を2001年3月31日に停止した。現在は、受信周波数精度が高く、周波数や時刻の情報(電波時計)の利用が容易な長波帯の電波を利用した標準電波を送信している。
・日本標準時
 日本標準時は国際的に定義された「秒の定義」に従って、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)が有するセシウム原子時計18台と水素メーザ4台から作られている。そして日本標準時と世界各国の標準時機関がつくり出すそれぞれの国の標準時との間では、国際比較が定期的に行われている。国際比較のためにNICTから提供する時刻データは、世界共通の標準時(国際原子時や協定世界時)の決定に大きく寄与している。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新