電波法施行規則第32条の3

(人工衛星局の送信空中線の指向方向)
第三十二条の三 対地静止衛星に開設する人工衛星局(一般公衆によって直接受信されるための無線電話テレビジョン、データ伝送又はファクシミリによる無線通信業務を行うことを目的とするものを除く。)の送信空中線の地球に対する最大輻射の方向は、公称されている指向方向に対して、〇・三度又は主輻射の角度の幅の一〇パーセントのいずれか大きい角度の範囲内に、維持されなければならない。
2 対地静止衛星に開設する人工衛星局(一般公衆によって直接受信されるための無線電話テレビジョン、データ伝送又はファクシミリによる無線通信業務を行うことを目的とするものに限る。)の送信空中線の地球に対する最大輻射の方向は、公称されている指向方向に対して〇・一度の範囲内に維持されなければならない。
(昭四七郵令四一・追加、昭五二郵令三・昭五五郵令一二・一部改正、昭五七郵令七・旧第三十二条の二繰下・一部改正、昭五八郵令一九・平一四総省令五・平一六総省令一四六・平二三総省令六四・一部改正)

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新