電波法施行規則第32条の4

(人工衛星局の位置の維持)
第三十二条の四 対地静止衛星に開設する人工衛星局(実験試験局を除く。)であつて、固定地点の地球局相互間の無線通信の中継を行うものは、公称されている位置から経度の(±)〇・一度以内にその位置を維持することができるものでなければならない。
2 対地静止衛星に開設する人工衛星局(一般公衆によって直接受信されるための無線電話テレビジョン、データ伝送又はファクシミリによる無線通信業務を行うことを目的とするものに限る。)は、公称されている位置から緯度及び経度のそれぞれ(±)〇・一度以内にその位置を維持することができるものでなければならない。
3 対地静止衛星に開設する人工衛星局であつて、前二項の人工衛星局以外のものは、公称されている位置から経度の(±)〇・五度以内にその位置を維持することができるものでなければならない。
(昭五七郵令七・追加、昭五八郵令一九・平一四総省令五・平二〇総省令三二・平二三総省令六四・一部改正)

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新