電波法施行規則第36条の2

(遭難通信等)
第三十六条の二 法第五十二条第一号の総務省令で定める方法は、次の各号に定めるものとする。
一 デジタル選択呼出装置を使用して、別図第一号に定める構成により行うもの
二 インマルサット船舶地球局無線設備を使用して、別図第二号に定める構成により行うもの
三 海岸地球局インマルサット高機能グループ呼出しによつて行うものであつて、別図第三号に定める構成によるもの
四 F一B電波四二四kHz又は五一八kHzを使用して、別図第四号に定める構成により行うもの
五 A三X電波一二一・五MHz及び二四三MHz又はG一B電波四〇六・〇二五MHz、四〇六・〇二八MHz、四〇六・〇三七MHz若しくは四〇六・〇四MHzを使用して、次に掲げるものを送信するもの
(1) A三X電波一二一・五MHz及び二四三MHzは、三〇〇ヘルツから一、六〇〇ヘルツまでの任意の七〇〇ヘルツ以上の範囲を毎秒二回から四回までの割合で低い方向に変化する可聴周波数から成る信号
(2) G一B電波四〇六・〇二五MHz、四〇六・〇二八MHz、四〇六・〇三七MHz及び四〇六・〇四MHzは、別図第五号に定める構成による信号
六 G一B電波四〇六・〇二五MHz、四〇六・〇二八MHz、四〇六・〇三七MHz又は四〇六・〇四MHz及びA三X電波一二一・五MHzを使用して、次に掲げるものを送信するもの
(1) G一B電波四〇六・〇二五MHz、四〇六・〇二八MHz、四〇六・〇三七MHz及び四〇六・〇四MHzは、別図第五号に定める構成による信号
(2) A三X電波一二一・五MHzは、三〇〇ヘルツから一、六〇〇ヘルツまでの任意の七〇〇ヘルツ以上の範囲を毎秒二回から四回までの割合で高い方向又は低い方向に変化する可聴周波数から成る信号
七 Q〇N電波を使用して、次の各号の条件に適合する周波数掃引を行うもの
(1) 九、二〇〇MHzから九、五〇〇MHzまでを含む範囲を掃引するものであること。
(2) 掃引の時間は、七・五マイクロ秒(±)一マイクロ秒であること。
(3) 掃引の形式は、のこぎり波形であり、その復帰時間が〇・四マイクロ秒(±)〇・一マイクロ秒であること。
八 捜索救助用位置指示送信装置を使用して、別図第六号に定める構成により行うもの
2 法第五十二条第二号の総務省令で定める方法は、次の各号に定めるものとする。
一 デジタル選択呼出装置を使用して、別図第七号に定める構成により行うもの
二 インマルサット船舶地球局無線設備を使用して、別図第八号に定める構成により行うもの
三 海岸地球局インマルサット高機能グループ呼出しによつて行うものであつて、別図第九号に定める構成によるもの
3 法第五十二条第三号の総務省令で定める方法は、次の各号に定めるものとする。
一 デジタル選択呼出装置を使用して、別図第十号に定める構成により行うもの
二 海岸地球局インマルサット高機能グループ呼出しによつて行うものであつて、別図第十一号に定める構成によるもの
三 F一B電波四二四kHz又は五一八kHzを使用して、別図第十二号に定める構成により行うもの
(平二郵令四五・追加、平六郵令五五・平九郵令二六・平一〇郵令一〇五・平一二郵令六〇・平一三総省令一六七・平一八総省令九一・平一八総省令一三二・平二一総省令一一八・平二三総省令一六四・一部改正)

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新