電波監視 (Radio Monitoring)

 電波利用の秩序を維持し、限られた電波の効率的な利用を確保するため、電波監視機関が電波を監視することをいう。電波は、広く空間に拡散するものであり、他面その需要が極めて大であるから、一定の秩序のもとに使用されなければ、とうてい効率的な利用を確保することはできず、混信のため利用不可能になることも考えられる。このため、電波の利用については、国際的には条約で、国内的には電波法令で詳細な規定が設けられている。総務省では、発射されている多数の電波を昼夜を通じて監視し、規定に違反する電波を捕捉してその無線局を摘発している。そしてそれが外国の無線局であるときは、これをその所属国へ通報し、また、日本の無線局であるときは、これに対して規正等の措置をとっている。このほか、混信状況、電波の発射状況等の調査を行い、電波の効率的な利用の確保に努めている。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新