電話加入権質に関する臨時特例法第1条

(質権の設定)
第一条  電話加入権電気通信事業法 (昭和五十九年法律第八十六号。以下「事業法」という。)附則第九条第一項 又は第二項 に規定する権利をいう。以下同じ。)を有する者は、同条第一項 の規定により事業法 附則第三条 の規定による廃止前の公衆電気通信法第三十八条 から第三十八条の三 までの規定がなおその効力を有する間は、この法律の定めるところにより、その電話加入権に質権を設定することができる。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新