F層(F-Layer)

高度200km~400kmの高さにある電離層で、昼間は普通Fl層及びF2層の二つに分かれている。F2層は定常的に観測される電離層のうちで最大の電子密度を有するもので、短波通信における最高使用可能周波数(MUF)は主としてこの層によって決められ、実用通信において、極めて重要な役割を果たす。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新