LUF(Lowest Usable Frequency:最低使用可能周波数)

電波が電離層を通過するときには、電波により振動させられた層中の電子と大気分子との衝突により、電波はそのエネルギーの一部を失い減衰する。この減衰は、電子の衝突回数と電子密度の積に比例し、周波数の自乗に反比例するので、送信の条件が同じである場合、受信点に到達する電波の強度は、周波数が低い電波ほど、また電子密度の大きい日中ほど弱くなる。したがって、減衰の大きい昼間には短波通信に使用できる周波数の下限は上昇する。ある回線のある時刻において、受信点に到達する最低の周波数を最低使用可能周波数という。 →電波予報

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新