SHF(Super High Frequency)

3GHzから30GHzまで(波長10cmから1cmまで)の電磁波の電波の呼称で周波数帯の番号は10。メートル波による区分はセンチメートル波。約1,000 MHz帯以上のUHF及びSHF帯の電波を総称してマイクロ波という。マイクロ波は、次のような特徴を生かして、通信に利用されている。
①比較的小さいアンテナで尖鋭なビームが得られ、点から点への通信が可能であり、ほかからの妨害及び他への妨害が少ないこと。
②広帯域変調ができるために通話路数の多い多重通信、テレビ中継が容易なこと。
③外部雑音の影響が少なく、かつ、広帯域変調により、SN比の改善度を大きくできるために良質の通信回線が得られること。
④中継により、安定かつ信頼度の高い遠距離通信回線が得られること。
⑤有線通信より経済的で、かつ天災地変に対する信頼性が大きいこと。  
電話網マイクロ回線を初めとして衛星通信テレビジョン中継、②の性質を利用した気象、港湾、防衛等々の各種レーダ等に、マイクロ波の利用は極めて多岐にわたっている。  SHF帯のうち10~30GHzを準ミリ波と呼ぶ。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新